歯周病治療Periodontics

歯周病の恐ろしさと治療法について

歯周病とは?

歯周病とは? イメージ画像歯周病は進行すると最終的に歯が抜けてしまう病気で、歯磨き不足や全身疾患など様々な要因で発症する「生活習慣病」という位置付けがされています。歯周病になっても早期に治療すれば症状の改善や病状の進行阻止ができますが、多くの患者さまは歯周病の症状が出ていても放置してしまい、歯がぐらついてから来院されることも多いです。

歯周病の原因

歯周病の原因 イメージ画像歯周病は歯と歯茎の間にある溝の中に歯周病原因細菌が侵入し、その細菌が毒素を産生することによって、歯を支えている歯茎や骨(歯槽骨)を炎症を起こし溶かしてしまいます。歯と歯茎の間にある溝は健康な状態で1~3ミリ程度、歯周病に罹患すると4ミリ以上になり、歯周ポケットとよばれる状態になります。

この歯周ポケット内に溜まった汚れは、歯ブラシで磨ききるのは難しいです。ご自宅でのケアには限界があるので、定期的に歯科医院で行う歯のクリーニングを受けて歯周病を予防するのが理想です。

歯周病の症状

歯周病の症状 イメージ画像歯周病には以下のような症状があります。このような症状がある方はぜひ一度来院していただき、お口の状況を拝見させていただければと思います。

歯磨きの時に血が出る

歯磨きの時に血が出る イメージ画像歯周病細菌が産生する炎症性物質の影響で、歯茎の中にある毛細血管が拡張します。毛細血管が拡張すると歯茎が腫れていき、出血しやすい状況になるのです。そこに歯磨きをすると容易に出血してしまいます。歯磨きだけでなく、何もしていないのに出血することもあります。

口臭が発生する

口臭が発生する イメージ画像細菌が原因で口臭が発生しやすくなっています。歯磨き不足が原因の口臭と歯周病が原因の口臭がありますので、口臭を指摘されたら歯科医院へお越しください。

歯がぐらつく

歯がぐらつく イメージ画像歯周病が重症になると歯がぐらついてきます。歯周病細菌は骨を溶かす毒素も産生し、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまうのです。

進行した歯周病には歯周外科治療を行います

進行した歯周病には歯周外科治療を行います イメージ画像歯周病は歯のクリーニングで様子を見て、症状が安定すれば経過観察となります。しかし、歯のクリーニングや患者さまの歯磨きだけでは症状が改善できないと判断された場合、歯周外科治療を行うことがあります。

歯周外科治療には様々な種類がありますが、主に歯の根っこに付着している歯石を除去する治療が一般的です。中~重度の歯周病のケースでは歯周ポケットから歯の根っこへと細菌がさらに奥深くまで移動し、歯石を形成するのです。この根っこにある歯石は非常に硬く強固に付着しています。効率よく除去するために歯周外科治療として歯茎を切開し、根っこの部分を露出させた状態で確実に歯石を除去します。

歯周組織再生療法も行っています

歯周組織再生療法も行っています イメージ画像歯周外科治療の一つになりますが、外科処置と同時に歯周組織の再生を行う再生療法もあります。主に再生療法で再生するのは、歯周病によって溶かされた顎の骨です。一度溶けてしまった骨(歯槽骨)や組織は、放っておいても元通りにはなりません。そこで人工骨や骨補填剤を入れてあげて骨の再生を期待します。骨が元通りに再生されれば歯のぐらつきが抑えられ、見た目も改善します。

  • 医院ブログ Clinic blog
  • 24時間WEB予約 Reservation
  • 求人案内

お問い合わせ contact

お問い合わせ・ご予約はお気軽に 046-870-6015

お問い合わせ

24時間web予約