一般歯科General dentistry

虫歯治療・根管治療

虫歯の進行は時間とともに

虫歯になるとどのように進行していくか、正しく知らない方も意外と多くいらっしゃいます。虫歯がある程度進行していくと痛みを感じるようになりますが、これは歯の神経の近くまで細菌感染が進行し、神経を刺激するために起こります。虫歯になってしまったらできるだけ早い段階で虫歯治療を始めた方が良いということです。虫歯が進行していく過程をご紹介していきます。

細菌が歯に付着する

細菌が歯に付着する イメージ画像歯の表面に細菌が付着することで虫歯がスタートします。ただし1つの細菌だけでは虫歯は発症しません。歯の表面に数種類の細菌がバイオフィルムという細菌の集合体を形成します。バイオフィルムを身近に表現すると排水溝などの滑り気です。このバイオフィルムは自宅での歯磨きでは除去できず、歯科医院で専門的に落とさなければいけません。

細菌が酸を産生する

細菌が酸を産生する イメージ画像歯に付着した細菌はお口の中に入った食物中のを餌に酸を産生します。

酸で歯が溶け出す

酸で歯が溶け出す イメージ画像食物中の糖を取り込み、酸を産生し、この酸が歯の成分であるハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウムの結晶)を溶けるという過程が「脱灰」とよばれています。脱灰が起こっても、唾液の力によって、再石灰化され脱灰と再石灰化のバランスが保たれていれば、虫歯にはなりません。

実質欠損が起きる

実質欠損が起きる イメージ画像歯が虫歯によって穴があくという状態は、脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、脱灰が長く続くためハイドロキシアパタイトが溶け続け、やがて穴があくという現象です。原因として、歯磨き不足による細菌の停滞、食事や甘味摂取の頻度が多い場合などは、脱灰が長く続くため虫歯になりやすくなります。

根管治療について

根管治療について イメージ画像虫歯が神経まで達し、痛みが強く出ているときには根管治療を行います。根管とは歯の根っこのことで、根管内には神経が通っています。根管治療を行うには爪楊枝のような専用の器具で歯の根っこの中の感染している細菌を除去します。もちろん除去するだけでは根管内が綺麗にならないので、専用の薬剤を併用して根っこの中を洗浄していきます。

根管の形は患者さまごとに異なります。大きく曲がっている根管があれば、狭くなっている根管もあり十人十色です。非常に複雑で入り組んだ形をしているため、根管治療は一回で治療を終えることができず、複数回の通院が必要になります。これも丁寧でしっかりとした治療を実現させるために必要なことなのでご了承ください。

お子さまの虫歯治療

根管治療について イメージ画像当院ではお子さまの虫歯治療にも積極的に取り組んでいます。お子さまは虫歯にかかりやすく、治療を嫌がることも多いので完全な予防は難しい面があります。しかし、そんなお子さまの虫歯こそ丁寧に治療しなければいけないと考えております。

乳歯の虫歯を放置すると

乳歯の虫歯を放置すると イメージ画像乳歯は生え変わるから虫歯になっても放置して良いと考える方がいますが、それは間違いです。乳歯の後には永久歯が生えてきます。実は乳歯が大きな虫歯に罹患していると永久歯の形成に影響があるのです。

乳歯虫歯を放置してしまうと形成不全の永久歯が生えてくるだけでなく、永久歯が生えてくる過程で虫歯を避けるので不正な位置に生えてくることもあります。お子さまが小さなうちから定期検診やフッ素・シーラントなどの予防処置を行い、無事に永久歯に生え変わったあとも、引き続きお口の健康をサポートして参ります。

  • 医院ブログ Clinic blog
  • 24時間WEB予約 Reservation
  • 求人案内

お問い合わせ contact

お問い合わせ・ご予約はお気軽に 046-870-6015

お問い合わせ

24時間web予約